婦人

airbnbで成功したいなら代行業者に任せる|安心して稼げる方法

民泊で上手に稼ぐには

説明

人気のウェブサイトを活用

入居者確保に日々頭を悩ませている賃貸住宅のオーナーにとって、新たな収益源として注目されているのが民泊ビジネスです。民泊はアパートやマンションの1室など、本来は宿泊施設でない場所に旅行者等を泊めることをいいます。当然宿泊代を受け取り、利益を上げることができます。この民泊ビジネスの普及を後押ししているのが、airbnbというウェブサービスです。airbnbは会員制の宿泊施設紹介サイトですが、ホテルや旅館等の専業施設にとどまらず、賃貸住宅や空きビルなどさまざまな施設を登録できるという特色があります。中には自分が旅行している間、自宅を別の旅行者に提供するなどといったケースもあります。このairbnbを利用すれば、自らホームページを開設したりしなくても民泊利用者を募集することが可能になります。

未経験でもプロがサポート

ただ、いくらairbnbが便利だといっても、宿泊業務にノウハウがない者がいきなり民泊ビジネスを手がけるというのは大変です。しかし心配は無用です。賃貸事業にも管理代行業者がいるように、最近では民泊専門の代行業者というものも存在します。利用の受付から現地の案内、代金の精算、トラブル対応に至るまですべての業務を代行してくれます。こうした代行業者の中には民泊に関するコンサルティングを提供しているところもあり、これからビジネスを始めたいという人の相談にも乗ってくれます。民泊に適している物件は都会の集合住宅ばかりとは限りません。住むには不便な田舎の一軒家でも、旅行者の目には魅力的に映ることがあります。物件選びの段階からエキスパートに相談すれば、新規参入者にも成功のチャンスがあります。

ポイントはエリアです

マンション

マンション投資をするのであれば、大都市の物件を選びましょう。いくつかの大都市では、人口が緩やかに上昇している一方、ほとんど開発されつくされており、新たなマンション供給はそれほど増えていません。そのため、賃貸の需給バランスが取れているのです。

もっと見る

転勤時の住まいの活用

部屋

賃貸物件が手狭になると一戸建て物件の購入を検討します。しかし転勤の可能性がまだあるようなら、住宅の購入に躊躇してしまうこともあります。そこで仮に転勤になったとしても、リロケーションを活用すると不在時期の住宅管理や収益を得ることができます。

もっと見る

企業にメリットをもたらす

オフィス

企業買収をする時はそれに見合ったメリットを目論んでする事が多いです。しかも不動産M&Aの場合は普通の買収とは違った工夫が必要となります。企業買収を上手く運ばせるためには良いパートナーが必要です。

もっと見る