転勤時の住まいの活用|airbnbで成功したいなら代行業者に任せる|安心して稼げる方法
男性

airbnbで成功したいなら代行業者に任せる|安心して稼げる方法

転勤時の住まいの活用

部屋

まだある転勤と住まい

賃貸物件で暮らしていて、新しい家族が増えたことなどで部屋が手狭になったりプライバシーが十分に確保できなくなってくると、一戸建てを購入したいと考えるようになってくることがあります。新築、中古を問わず一戸建ての方が、より自由度の高い暮らしができることに違いはありません。しかも仮に建物の価値は年数とともに損なわれても、土地は資産として必ず残ります。いつまでも家賃を払い続けなければならない賃貸よりも資産を持てる一戸建てに移り住みたいところです。しかし仕事の関係でまだまだ転勤の可能性があれば、せっかく購入した一戸建てで暮らせない無駄な期間ができてしまいます。そこでリロケーションを念頭に入れておきましょう。

不在時期の管理と家賃収入

リロケーションは転勤や海外赴任などで一戸建てやマンションなどの所有している物件を開けなければならない期間に、不動産会社が仲介して入居者を探してくれるという仕組みです。ただ収益物件とは異なり、リロケーションの場合は、住むための物件を不在とする一定の期間第三者に貸し出すというものです。それだけにトラブルにならないようにより慎重な審査を業者に求めて契約を任せるようにしましょう。住まいは空の間も維持費がかかりますし、誰もそこで生活をしないことで劣化が進みやすくなります。そこでリロケーションで不在期間に入居者から家賃収入を受けとることができて、住まいの管理も自然とできるようにしておくと、安心して離れた地域での暮らしができます。